米FRB、本格的な利下げサイクル開始せず=ダラス連銀総裁

米FRB、本格的な利下げサイクル開始せず=ダラス連銀総裁

[ワシントン 18日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は18日、連邦準備理事会(FRB)は世界的な通商の減速による米経済への影響が製造業と投資を超えて広範に波及しているか見極めているとしながらも、現時点で「本格的な利下げサイクル」には入っていないと述べた。

カプラン総裁は、世界経済の減速が製造業部門と企業投資以外の部門にも拡大するリスクがあるか連邦公開市場委員会(FOMC)で討議されているとし、これまでのところ「消費は力強く、今後も力強く推移すると予想しているが、脆弱である」と指摘。「このためにFRBは7月と9月に行動を起こした」と述べた。

その上で「これが本格的な利下げサイクルの始まりだとは考えていない」としながらも、「より限定、かつ抑制された方法で金融政策スタンスを調整することが適切」と述べた。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る