ユーロ圏でバブルの緩やかな兆候、安定リスク台頭=ECB総裁

ユーロ圏でバブルの緩やかな兆候、安定リスク台頭=ECB総裁

[ワシントン 18日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は18日、ユーロ圏では金融市場と不動産市場で過大評価の「緩やかな兆候」が出ているとし、景気が減速する中、安定に対するリスクが台頭しているとの考えを示した。

ドラギ総裁は「世界的な見通しの悪化を受け、金融安定を巡る環境が厳しい状況は続いている」とし、「金融市場と不動産市場の一部の高リスク部門でバリュエーションが過大評価される緩やかな兆候が出ている」と指摘。ただ「地域により顕著な差がある」と述べた。

このほか、ECB理事会には引き続き必要に応じてすべての政策手段を調整する用意があるとしたほか、金融政策の効果を他の政策で拡大させることは可能で、拡大されるべきとの考えも示した。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る