正午のドルは108円前半、英ポンド急変に警戒

正午のドルは108円前半、英ポンド急変に警戒

[東京 23日 ロイター] - 正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅安の108円前半。英国の欧州連合(EU)離脱問題の混迷を警戒する形で、海外市場に続いて円が底堅い展開となった。

ドルは一時108.25円まで下落。15日以来1週間ぶり安値をつけた。市場では「ポンドの激しい動きが市場を主導しているため、ドル/円の先行きを見通すのが難しい」(外銀)との指摘が出ていた。

ポンドは139円前半までじり安。17日以来の安値をつけた。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る