マツダ、初の量産EV「MX―30」世界初公開 来年欧州へ投入

マツダ、初の量産EV「MX―30」世界初公開 来年欧州へ投入

[東京 23日 ロイター] - マツダ<7261.T>は23日、報道陣向けに公開された東京モーターショーで、同社初となる量産電気自動車(EV)「MX―30」を世界で初めて公開した。2020年に欧州で発売する予定で、同日から欧州での予約受注を始める。ドイツでの価格は3万3990ユーロ(約400万円)。

MX―30では、小型スポーツ多目的車(SUV)「CX―30」で使われているプラットフォーム(車台)をEV向けに最適化した。バッテリー容量は35.5kWhで、航続距離(WLTPモード)は約200キロ。開放感のある室内空間や車の多彩な使い方を実現するため、センターピラーのない観音開きのようなセンターオープン式のドア構造にした。

丸本明社長は「EVであっても開発哲学である人間中心の設計は変わらない」と説明。日本をはじめ、欧州以外の主要市場への投入時期については「適切なタイミングで」と述べるにとどめた。

(白木真紀)


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る