リオ・ティント、住友化学との合弁アルミ事業で減産・閉鎖の可能性

リオ・ティント、住友化学との合弁アルミ事業で減産・閉鎖の可能性

[23日 ロイター] - 英豪系資源大手リオ・ティント<RIO.L><RIO.AX>は23日、住友化学<4005.T>との合弁事業であるニュージーランドのアルミニウム製錬所「ニュージーランド・アルミニウム・スメルター(NZAS)」の生産削減か、閉鎖を実施する可能性があることを明らかにした。アルミ市場の低迷やエネルギーコストの高さが理由で、2020年初めに決断を下すという。

2030年までNZASに電力を供給する契約を結んでいるニュージーランドの電力最大手メリディアン・エナジー<MEL.NZ>にとって打撃となる可能性があり、同社の株価は8%超急落した。

リオ・ティントとメリディアンによると、NZASが閉鎖された場合、リオと住友化学は約2億5600万ニュージーランドドル(1億6400万米ドル)の浄化コストに直面するという。住友化学は同事業の権益20%を保有している。

リオ・ティントは、発表文書で「アルミ業界の短期および中期見通しは厳しく、この資産は不採算が続く見込みだ」と指摘。NZASについて、来年第1・四半期に戦略的見直しを完了するとした。

リオとメリディアンは事業の採算化に向け、ともに取り組むとしている。

UBSは、この発表を踏まえ、NZASは稼働を続けると予想した上で、閉鎖リスクが高まったとし、コンタクト・エナジー<CEL.NZ>やジェネシス・エナジー<GNE.NZ>をはじめ、ニュージーランド国内の電力生産・小売会社全般に打撃を与える可能性があるとの見方を示した。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る