日産が下方修正、今年度最終益は前年比7割減 世界で販売低迷

日産が下方修正、今年度最終益は前年比7割減 世界で販売低迷

[横浜市 12日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>は12日、2020年3月期通期の連結業績予想と世界販売計画を下方修正した。19年4―9月期(上期)は主要市場すべての販売が前年同期から減少した。通期の純利益予想は前年比65.5%減の1100億円と従来の1700億円から減額、10年3月期(約424億円)以来、10年ぶりの低水準になる見通し。

業績悪化を受け、中間配当は前年同期から18.5円減配となる10円とした。当初の年間配当は1株当たり40円(前期は57円)を想定していたが、期末配当は未定のままとした。

通期の営業利益は52.9%減の1500億円で、従来の約2300億円から800億円下方修正した。修正後の営業利益予想は、リフィニティブが集計したアナリスト22人の予測平均値1546億円をやや下回っている。為替影響で800億円、販売不振などで700億円、営業利益を押し下げる。

通期の前提為替レートは1ドル=107円(従来は110円)、1ユーロ=120円(同129円)にそれぞれ円高方向に見直した。

通期の売上高予想も従来の11兆3000億円から8.4%減の10兆6000億円と下方修正した。

通期の世界販売計画は524万台と従来から30万台引き下げた。北米を171万台と7万5000台下げ、中国は156万台と15万台減らした。日本は58万台、欧州は57万台といずれも従来から3万台それぞれ引き下げた。

<リストラ策見直し、12月発足の新経営陣が判断>

決算会見は当初、軽部博最高財務責任者(CFO)が出席する予定だったが、12月1日付で新CFOに就くスティーブン・マー常務執行役員が登壇し、英語で説明した。

マー氏は、通期予想を下方修正した理由について「事業改革と収益力のリカバリーを進めているが、上期の進捗が十分でない」と話し、為替の円高傾向や全体需要の減少を考慮したと語った。今後の配当政策については「新経営陣の判断が必要になるので後日説明する」と述べた。

上期販売実績は6.8%減だった。主要地域すべて低迷したが、利益面では「販売の質の向上に向けた取り組みが効果を出し始めた」と振り返り、課題の米国も「一貫して販売の質が改善している。月次ではなく、四半期で調整するイメージ」と指摘。「セントラ」など今後の新車投入で販売奨励金(インセンティブ)は「減少トレンドが続く」との見方を示した。

構造改革の進捗や追加のリストラ策に関しては「今日は決算発表。構造改革は新経営陣にアップデートしてもらいたい」と述べ、詳しい言及を控えた。ただ、米国事業の改善などは順調に進んでいるが、現在の世界経済状況を考慮すると、「いろいろ見直す必要がある」と語った。

4―9月期の連結決算は、純利益が前年同期比73.5%減の654億円、営業利益は同85%減の316億円で、売上高は同9.6%減の5兆0030億円だった。

*情報を追加しました。

(白木真紀 編集:内田慎一 )


ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る