原油先物は下落、米中通商協議への期待後退

[シンガポール 13日 ロイター] - 原油先物価格は13日、下落している。米中通商協議に対する期待が後退したことから、世界経済の減速によりエネルギー需要が減少するとの見方が広がり、相場を圧迫している。

トランプ米大統領は12日の講演で、米中の「第1段階」の通商合意が間近であると述べたが、協定署名の日時や開催地などには触れなかった。

0124GMT(日本時間午前10時24分)時点で、ブレント先物<LCOc1>は、0.16ドル(0.3%)安の1バレル=61.90ドル。米WTI<CLc1>は、0.15ドル(0.3%)安の56.65ドル。

国際エネルギー機関(IEA)が発表した、世界の石油需要見通しも相場の圧迫材料。

IEAは、世界の石油需要の伸びについて、燃料効率の向上や電化推進の加速を背景に2025年から鈍化するとの見通しを示した。ただ、需要が今後20年でピークに達する可能性は低いとした。[nL4N27T0E1]

市場は、13日発表の米石油協会(API)の米原油在庫週間統計や、14日の米エネルギー情報局(EIA)の週間石油在庫統計に注目している。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る