FRBの利下げは逆風を相殺、下方リスク注視=SF連銀総裁

FRBの利下げは逆風を相殺、下方リスク注視=SF連銀総裁

[13日 ロイター] - 米サンフランシスコ地区連銀のデイリー総裁は13日、連邦準備理事会(FRB)が今年実施した利下げは経済成長を脅かす向かい風を相殺してきたと述べる一方で、下方リスクを注視していくと語った。

デイリー総裁はブルームバーグTVとのインタビューで「FRBの緩和政策は米経済に対する衝撃や逆風を相殺する上で十分と考える」と語った。

同時に、世界経済が減速し通商交渉が長引いた場合や、不透明性が企業支出を圧迫、もしくは「製造業活動の減速による影響が消費者信頼感に波及し始めれば、見通しは著しく変化する可能性がある」とし、「そうなれば指標を見極め、状況を再評価していく」と述べた。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る