米中古住宅販売、10月は予想上回る1.9%増 在庫不足で価格上昇

米中古住宅販売、10月は予想上回る1.9%増 在庫不足で価格上昇

[ワシントン 21日 ロイター] - 全米リアルター協会(NAR)が21日に発表した10月の米中古住宅販売戸数(季節調整済み)は年率換算で前月比1.9%増の546万戸と、市場予想1.4%増の547万戸を上回った。住宅ローン金利低下と在庫不足を反映し、価格上昇率は前年比で約2年ぶりの大きさとなった。

9月の販売戸数は2.5%減の536万戸に下方修正された。

10月は住宅在庫は前年同月比4.3%減の177万戸。販売価格中央値は前年同月比6.2%上昇の27万0900ドル。92カ月連続で上昇し、上昇率は2017年6月以来の大きさとなった。

NARの首席エコノミスト、ローレンス・ユン氏は「在庫不足で価格が急速に上昇している」としている。

地域別の販売戸数はまちまち。南部が4.4%増、中西部が1.6%増となった一方で、北東部は1.4%減、西部は0.9%減となった。

10月の販売ペースに基づく在庫の消化期間は3.9カ月。前年同月は4.3カ月だった。健全な需給バランスには6ー7カ月が適切とされている。

中古住宅販売戸数は前年同月比では4.6%増加。4カ月連続での増加となった。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る