ECB政策見直し、新メンバー加入まで待つべき=スロバキア中銀総裁

[ブラチスラバ 22日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのカジミール・スロバキア中銀総裁は22日、ECBの包括的な政策の見直しについて、理事会の新たなメンバーがそろうまで待つべきだと述べた。

理事会メンバーには、イタリア銀行(中央銀行)のファビオ・パネッタ副総裁とドイツのエコノミスト、イザベル・シュナーベル氏が来年1月初めに加入する見通し。

経済見通しについては、最近の企業幹部らとの対話を受けて、慎重ながらも楽観していると述べた。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る