[14日 ロイター] - 植物性ミルクを手掛ける米カリフィア・ファームズは、シンガポールのテマセク・ホールディングス[TEM.UL]などから2億2500万ドルを調達した。

昨年上場した植物肉の米ビヨンド・ミート<BYND.O>に続き、植物由来の食品を手掛ける企業に投資家の関心が高まっている。

カリフィアが14日明らかにしたところによると、今回の資金調達はカタール投資庁が主導し、テマセクやカナダのカルリッジ、香港のグリーン・マンデー・ベンチャーズなどが参加した。

健康や環境問題などを理由に牛乳の消費が減少する中、米国では過去2カ月間に大手乳製品メーカー2社が破産法適用を申請している。

カリフィアは企業評価額を公表していない。クランチベースのデータによると、同社はこれまでに1億1500万ドルを調達している。