[ブリュッセル 15日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が発表した2019年11月のユーロ圏の鉱工業生産指数は、資本財、中間財、エネルギーの生産減少が続き、前年比で予想以上の低下となった。11月の貿易収支は、予想より小幅な黒字となった。

11月のユーロ圏鉱工業生産指数は前月比0.2%上昇、前年比1.5%低下。ロイターがまとめたエコノミスト予想は前月比0.3%上昇、前年比1.1%低下だった。

11月のユーロ圏の貿易収支は季節調整済みで192億ユーロの黒字。黒字幅は10月の240億ユーロから縮小した。

輸出が前月比2.8%減少、輸入は0.5%減少だった。