[15日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>は15日、米国内の組立工場に勤める1350人以上の時間給従業員を2020年上半期に正社員として採用すると発表した。

発表によると、対象となるのはミシガン州、インディアナ州、ニューヨーク州、テキサス州、テネシー州、ミズーリ州、カンザス州、ケンタッキー州にある14の工場。

正社員になれば、より良い医療給付や会社からの退職年金または確定拠出年金(401k)制度への拠出、利益分配、生命保険などのメリットがある。

GMは昨年10月、全国的なストライキ後に全米自動車労組(UAW)と新たな労使協定を締結していた。