[ワシントン 15日 ロイター] - トランプ米大統領は15日、2度の墜落事故により小型機「737MAX」が運航停止となっている米航空機大手ボーイング<BA.N>について、最高経営責任者(CEO)に就任したデビッド・カルホーン氏が信頼回復に向けて同社を立て直すことができると確信していると述べた。

トランプ氏はホワイトハウスでの米中通商協議の「第1段階」合意調印式典で、ボーイングは737MAX機の安全性を巡る懸念に早急に対応すべきだとの考えを示した。

デビッド・カルホーン氏は13日にデニス・ミューレンバーグ氏の後任としてCEOに就任した。ミューレンバーグ氏は、航空規制当局との関係悪化や737MAX再開に向けた対応の遅れなどで、12月に取締役会から事実上解任された。