[パリ 15日 ロイター] - フランスの自動車大手PSA<PEUP.PA>は15日、「ルノー・日産・三菱」連合から引き抜いた幹部2人を「DS」ブランドと「シトロエン」ブランドのトップに起用した。

ルノー出身で現在DS部門の副最高経営責任者(副CEO)を務めるベアトリス・フーシェ氏が、DS部門のCEOに就任するほか、日産・三菱の出身で、現在シトロエン部門の副CEOを務めるヴァンサン・コベ氏がシトロエン部門のCEOに就く。

2人はPSAのグローバル執行委員会のメンバーに加わる。