[シカゴ 21日 ロイター] - 米コーヒーチェーン大手スターバックス(スタバ)<SBUX.O>のジョンソン最高経営責任者(CEO)は21日、植物由来のメニュー拡大や容器の再利用化、廃棄物管理改善に向けた投資などを実施していく方針を示した。より環境に優しい企業になるための取り組みの一環という。

植物由来のメニュー増加や容器の再利用化の開始時期については不明。同社の広報担当者はロイターに対し、朝食メニューに代替肉の導入を検討していると明らかにした。ただ供給元に関するコメントは控えた。