[バルセロナ/パリ/ベルリン 12日 ロイター] - 携帯電話通信の国際業界団体GSMAは12日、スペインのバルセロナで24─27日に開催される予定だった世界最大級のモバイル機器の展示会「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2020」を中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、複数の企業が参加を見送ったためという。

GSMAのジョン・ホフマン最高経営責任者(CEO)は声明で、「新型コロナウイルスの発生や渡航を巡る不安、その他の状況に関する世界的な懸念により、MWCバルセロナ2020の開催が不可能になったため中止する」と述べた。

これに先立ち、ドイツテレコム<DTEGn.DE>、ボーダフォン<VOD.L>、BT<BT.L>、ノキア<NOKIA.HE>など欧州企業が参加見送りを表明した。

声明では、バルセロナ市および提携企業は今回の判断を尊重し、理解を示しているとし、来年のMWC開催に向け「一丸となって引き続き取り組んでいく」とした。

ホフマンCEOとバルセロナ市長のアダ・コラウ氏は13日に共同記者会見を開く。