[ロンドン 13日 ロイター] - 英HSBCは13日、第1・四半期の中国経済成長率見通しを前年比4.1%とし、従来見通しの5.8%から下方修正した。新型コロナウイルス感染拡大の影響を加味した。

新型ウイルスの影響がすでに観光業や貿易、供給網などに及んでいる状況を踏まえ、2020年通年の成長率見通しも5.8%から5.3%に引き下げた。

世界成長率見通しは2.3%とし、従来の2.5%から下方修正。第1・四半期に大規模な影響が出るものの、その後は改善に向かうと予想した。