[ニューヨーク 13日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は13日、銀行関連イベントでの質疑応答で、米経済は非常に好ましい状態にあるとの見解を示した。

ただ、世界経済の減速や中国での新型コロナウイルス感染拡大など、見通しについてある程度のリスクは引き続きあると説明した。

それを踏まえたうえで、今年の米経済成長率はトレンド水準近辺になるとの見方を示した。