[ブラジリア 13日 ロイター] - ブラジル地理統計院(IBGE)の13日の発表によると、同国のサービス業活動は12月に前月比0.4%縮小し、19年末にかけて経済が勢いを失っていることがあらためて示された。

前月比の縮小は、昨年2─3月以来。

また縮小幅は、ロイターがまとめたエコノミストの予想中央値

0.3%を上回った。

前年同月比では1.6%拡大し、通年では1.0%拡大と5年ぶりの拡大。

5つの項目のうち、輸送、郵便など3項目が縮小した。

季節調整前の12月のサービス業活動は前年同月比1.6%拡大し、ロイターがまとめたエコノミスト予想と一致した。