[東京 14日 ロイター] - 一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA)は14日、27日から横浜で開催を予定していたカメラ見本市「CP+2020」の中止を決定した、と発表した。

同見本市はコンシューマー向けのカメラショーで、約7万人の来場者を見込んでいた。新型コロナウイルスへの有効な治療薬や対処法の先行きが見通せないことを受け、中止を決めたとしている。