[上海/北京 14日 ロイター] - 中国証券監督管理委員会(証監会、CSRC)は14日、上場企業向けのリファイナンス規則を緩和すると発表した。

上場企業による追加資金調達を容易にすることで、新型コロナウイルスによる影響を軽減し、生産活動の再開を支援する。

私募で義務付けられていた収益性基準の廃止や価格設定の柔軟化などが含まれる。

CSRCはウェブサイトに掲載した声明で「実体経済がより恩恵を受けるよう資本市場を活用し、上場企業による新型ウイルスへの対応を支援する」とした。