[上海 20日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)金融政策委員会の馬駿委員は20日、人民銀には預金準備率を引き下げる比較的大きな余地があり、的を絞った預金準備率の調整が可能との見解を示した。

人民銀による最優遇貸出金利(ローンプライムレート、LPR)据え置き後、上海証券報が同委員のコメントを掲載した。[nL4N2BD0SO]

馬委員は、LPRが一時的に一定となっていることは実体経済への貸出金利が変化していないという意味ではないと指摘した。

また、人民銀は必要に応じて公開市場操作を拡充することができるとした。