[ベルリン 20日 ロイター] - 欧州委員会のフォンデアライエン委員長は20日、新型コロナウイルス流行による経済的影響の緩和に向け、欧州が保証する「コロナ債」の発行を検討する用意があると述べた。

ドイツの公共放送ドイチュラントフンクで「われわれはあらゆる手段を検討しており、役に立つものは何でも使うだろう」と指摘。「これにはコロナ債も当てはまる。コロナ債が有用で、正しく組成されるのなら活用していく」と述べた。

コロナ債を巡ってはイタリアのコンテ首相が、欧州連合(EU)加盟国による医療・経済対策の資金確保に向け発行を呼び掛けたが、ドイツのメルケル首相は、コロナ債の発行について問われた際、ユーロ圏財務相は経済支援策を議論しているものの、結論には達していないと語った。

ロイターは前日、欧州中央銀行(ECB)の一部の政策当局者はコロナ対策として域内の金融支援基金「欧州安定メカニズム(ESM)」による「コロナ債」発行を支持すると発言したが、こうしたことはECBではなく各国政府の決定事項とすることでまとまったもようと報じた。