[23日 ロイター] - 米通商代表部(USTR)は、米アップル<AAPL.O>の要請に応じ、中国で製造する同社の腕時計型端末「アップルウオッチ」を対中関税措置の除外対象とすることを認めた。USTRが20日付の書簡で明らかにした。

アップルは昨年10月、USTRに対し、中国で製造する「アップルウオッチ」やiPhone部品を含む11品目について、米政府が9月1日付で発動させた15%の対中関税措置から除外するよう要請していた。