[フランクフルト 25日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのデコス・スペイン中銀総裁はハンデルスブラット紙に対し、ECBは各国の国債発行額の3分の1までとしている資産購入上限の撤廃に向け用意すべきと述べた。

ハト派として知られるデコス総裁はまた、ECBによる利下げの可能性は残っているとした。