[デトロイト 26日 ロイター] - 米自動車大手のフォード・モーター<F.N>とゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>は26日、新型コロナウイルスの影響で経済が打撃を受ける中、手元流動性確保に向けた対策を発表した。

フォードは一段のコスト削減を実施するとともに、利益率の高いモデルについて来月の生産再開を目指す。GMは北米工場の操業停止を無期限で延長する計画で、従業員と幹部の給与削減や一部の生産計画停止も実施する。

GMの最高経営責任者(CEO)と最高財務責任者(CFO)は従業員向け社内ビデオで、同社の長期的な存続には「厳しい措置」が必要になると警告した。

フォードは新型ウイルスの感染拡大を受け操業を停止している北米の一部工場を4月6日にも再開し、売れ行きが好調なフルサイズピックアップトラック「F─150」のほか、SUV(スポーツ用多目的車)などを製造する。これらを製造する工場はミシガン州、ケンタッキー州のほかメキシコにある。

フォードはまた、約300人の幹部の給与を5月1日から少なくとも5カ月間にわたり20─50%削減する。執行会長は全額受け取らず、ジム・ハケットCEOは50%削減する。

従業員には医療保険制度の適用を続け、感染が確認され隔離措置を受ける従業員は有給扱いとする。

フォードは新型ウイルスによる危機的な状況の中でのレイオフ実施を避けることを目標としているが、予想を超える深刻な影響を受けた場合は方針を変えざるを得なくなる恐れがあるとした。

ハケットCEOは26日朝に送付した社員宛ての電子メールで「大規模で幅広い措置を打ち出した。新型ウイルスの感染拡大による影響をフォードが乗り切るために十分な財務上の柔軟性が得られることを望んでいる」と語った。

GMはこれまでに北米工場の操業を3月30日まで停止するとしていたが、無期限で延長。週ベースで状況を見極めるとした。

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCHA.MI><FCAU.N>も3月30日までの北米工場の操業停止を発表していたが、4月13日まで延長した。

GMはコスト削減とレイオフ回避に向け、4月1日から従業員の給与を20%、幹部は25%、上級幹部は30%削減する。削減分は2021年3月15日までに一括で支払うとした。医療費給付制度に影響はないという。

このほか、ホンダ<7267.T>はこの日、米国とカナダの工場の操業停止を4月6日まで延長すると明らかにした。その後は再開するとしている。操業停止の期限は従来は3月30日だった。[nL4N2BB4D1]