[ソウル 27日 ロイター] - 韓国金融委員会(FSC)は27日、先に発表した社債の買い入れ制度を4月2日に開始すると発表した。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて動揺している国内市場の安定化を目指す。

同委員会はコマーシャルペーパーを買い入れる別の制度を導入する計画も明らかにした。

韓国は24日、新型コロナの感染拡大対策の規模を100兆ウォン(800億米ドル)に倍増させることを決定。対策には社債・コマーシャルペーパーの買い入れ資金などが含まれるとしていた。