[東京 30日 ロイター] - 日本電産<6594.T>は30日、2021年3月期の通期当期利益(国際会計基準)は前年比66.4%増の1000億円になりそうだと発表した。リフィニティブがまとめたアナリスト予想の平均は1172億円。営業利益予想は同13.3%増の1250億円とした。

21年3月期の配当予想は中間・期末とも1株当たり30円で、年間配当は60円とした。20年3月期は年間配当115円。

前提為替レートは1ドル105円、1ユーロ117円。

20年3月期の当期利益は前年比45.4%減の600億円になったと発表した。

(平田紀之)