[ローマ 30日 ロイター] - イタリア国家統計局が30日発表した2020年第1・四半期の国内総生産(GDP)速報値は前期比4.7%減で、1995年に現在の形式で統計を開始して以来、最も大幅な落ち込みとなった。前年同期比では4.8%減となった。

新型コロナウイルス抑制のための全国的なロックダウン(都市封鎖)が響いた。

2019年第4・四半期のGDP確報値は同0.3%減となっており、リセッション(景気後退)入りが確認された。

ロイターがエコノミスト27人を対象に行った調査では、前期比5.0%減、前年比5.1%減と予想されていた。

ウイルス感染症によるイタリア国内の死者は2万7000人を超え、米国に次いで世界で2番目に多い。3月9日からロックダウンを開始しているが、5月4日以降、段階的に解除される見通し。

速報値ではセクター別の数字は発表されないが、すべての主要要素がマイナスとなり、中でも内需と輸出の減少が顕著だったという。

連立政権は2020年の成長率見通しをマイナス8.0%としている。

Q1 2020 Q4 2019 Q3 2019

Q/Q (pct change) -4.7 -0.3 0.1

Y/Y (pct change) -4.8 0.1 0.5