[北京 1日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラ<TSLA.O>は、中国で補助金の適用を受けるため、中国工場で製造した「モデル3」の最低価格を10%引き下げた。

昨年12月に上海工場製「モデル3」の納車を開始したテスラは1日、発表文書で「モデル3スタンダードレンジプラス」の最低価格を27万1550元(3万8463.17ドル)に引き下げたことを明らかにした。電気自動車(EV)1台当たりの補助金は2万0250元。

中国当局は2015年にEVに対する補助金を2020年に打ち切る計画を発表したが、今年3月に補助金を延長する方針を明らかにした。ただ、対象を値段が30万元未満の乗用車に限定した。