[東京 1日 ロイター] - コナカ<7494.T>は1日、持ち分法適用関連会社のサマンサタバサジャパンリミテッド<7829.T>と連結子会社のフィットハウス(岐阜県可児市)が7月1日付で合併すると発表した。サマンサタバサを存続会社とする吸収合併方式で、コナカの議決権所有割合は31.29%から59.09%に上昇し、サマンサタバサはコナカの連結子会社になる見通し。

経営再建中のサマンサタバサは、1日に発表した20年2月期決算でも赤字が続き、継続企業の前提に関する注記がついている。サマンサタバサは今回の合併で財務基盤が強化され、コナカの連結子会社となることで、コナカの支援も得ながら業績改善を図っていくとしている。

(内田慎一)