[ニューヨーク 4日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀は4日に公表した報告書の中で、新型コロナウイルスによる景気の悪化に伴い、連邦準備理事会(FRB)が抱えるバランスシートの先行きは「かなり不透明」という認識を示した。

連銀は新型コロナが流行する前の段階で、基本シナリオとしてバランスシートが6兆3000億ドルに拡大すると予想していた。しかしその後の新型コロナ対策を受け、バランスシートは4月時点ですでに6兆7000億ドルに膨らんでいる。