[5日 ロイター] - 世界第3位のクルーズ船運航会社でマイアミに本拠を置くノルウェージャン・クルーズライン・ホールディングス<NCLH.N>は5日、自らの事業存続能力に疑念を呈した。

同社は「COVID─19(新型コロナウイルス感染症)は当社の財務状況と事業に大きな影響を与え、資金調達能力にも悪影響が及んだ」とし、「継続企業の前提(ゴーイング・コンサーン)」を巡って警告を発した。

同社の株価は5日、20%超下落して取引を終えた。

同社のほか、同業のカーニバル<CCL.N>、ロイヤル・カリビアン・クルーズ<RCL.N>は、運航するクルーズ船の一部で新型コロナの感染が拡大し、日本やカリフォルニアの港で長期の検疫を余儀なくされるなど、新型コロナにより大きな打撃を受けている。

ノルウェージャンは6月30日までクルーズ船の運航を停止しているが、再開日程はまだ発表していない。