[ロンドン 6日 ロイター] - IHSマークイット/CIPSが発表した4月の英建設業購買担当者景気指数(PMI)は8.2と、3月の39.3から大幅に低下し、1997年の統計開始以来の最低水準となった。新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するロックダウン(都市封鎖)措置により、建設現場や建材業者などが閉鎖されたことが要因。

これまでは2009年の金融危機時に記録した27.8が最低だった。ロイターがまとめたエコノミスト予想は22.0だった。

IHSマークイットのエコノミクス・ディレクター、ティム・ムーア氏は、4月の英建設業PMIの急速な落ち込みは「ここ1カ月で過去最低を記録した製造業およびサービス業PMIの中でも際立っている」と指摘。「広範囲にわたる建設現場の閉鎖と供給網全体での企業閉鎖は、新型コロナ感染症のパンデミック(世界的流行)に対応する中で建設業のあらゆる活動が一時停止に陥ったことを意味する」と述べた。

全セクターPMIも13.4と過去最低を記録した。