[オスロ 7日 ロイター] - ノルウェー中央銀行は7日、政策金利を0.25%から0%に引き下げた。市場では据え置き予想が大勢だったが、新型コロナウイルスの感染拡大による経済への打撃を和らげるため利下げに踏み切った。

3月に2回緊急利下げし、1.5%だった政策金利を0.25%まで引き下げていた。

オルセン総裁は声明で「これ以上の利下げは想定していない」と表明した。

同総裁は「2020年にノルウェー経済は5%落ち込むと予想する。第二次世界大戦以降、これまでに見たことのない規模の落ち込みだ」と述べた。

その上で「経済活動は、新型コロナ対策が緩和されるとともに回復する見通しだが、生産や雇用が感染拡大前の水準に戻るには時間がかかる公算が大きい」との見通しも示した。

政策金利0%は過去最低。中銀の予測によると、今後数年はゼロ金利が維持される可能性が高い。

中銀は本土の経済成長率(石油・ガス生産を除く)を今年マイナス5.2%と予想。3月13日時点のプラス0.4%から下方修正した。

来年の予想は1.3%から3.0%に上方修正した。

新型コロナと原油安の影響で下落しているノルウェークローネは、0933GMT(日本時間午後6時33分)現在、1ユーロ=11.09クローネ。政策金利発表前の11.07クローネから値下がりしている。

ノルデア・マーケッツはリポートで「予想外の決定だった。コンセンサス予想と一致していない」と指摘。

DNBのチーフエコノミストは「ノルウェーで金利がマイナスになる可能性は大幅に低下した」と述べた。

キャピタル・エコノミクスは顧客向けノートで「ノルウェー中銀は有言実行の評価を確立しており、当社は6月の25bpの追加利下げ予想を取り下げる」とした上で、その結果、政策金利は少なくとも2022年までゼロ%に維持されると予想した。

ノルウェー政府は新型コロナの流行を受けて、移動を制限。多くの公的・民間機関を閉鎖しているが、封鎖措置は段階的に緩和している。

労働福祉局によると、4月の失業率は15%を超え、統計開始以来、最悪となった。

政府は企業向けローンや納税延期などの措置を導入。3600億クローネ(350億ドル)を支出した。中銀も金融市場に資金を供給しており、為替市場に介入する可能性があるとも表明している。

*内容を追加しました。