[ローマ 7日 ロイター] - イタリアのパトゥアネッリ産業相は7日、国有化を計画している航空大手アリタリアに対し、少なくとも30億ユーロ(32億ドル)の資本注入を行うと発表した。

政府は3月に総額250億ユーロの新型コロナウイルス対応策を承認。このうち5億ユーロを航空業界に振り向けるが、大部分がアリタリア向けとなる見通し。

パトゥアネッリ産業相は4月末、アリタリアが6月に完全国有化されると発表している。