[8日 ロイター] - 米航空機メーカーのボーイング<BA.N>のカルホーン最高経営責任者(CEO)は8日、墜落事故を受け運航停止中の737MAX機について、今月から生産を再開する見通しを示した。

FOXビジネスとのインタビューで「月内のMAX生産ライン再開を確信している」と述べた。

同社のスミス最高財務責任者(CFO)は4月、第2・四半期に生産を再開し、規制当局の再認可後、第3・四半期に納入を再開する計画を示していた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)