[フランクフルト 26日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)が公表したデータによると、5月のユーロ圏の企業(非金融法人)向け融資は前年比7.3%増と、2009年初め以来の高い伸びとなった。4月は6.6%増だった。

新型コロナウイルス流行に伴うロックダウン(都市封鎖)の導入で経営が厳しくなった企業の借り入れ需要が高まった。

家計向けの融資は3.0%増。伸び率は前月と同じだった。

政府や中銀が打ち出した一連の対策が銀行融資を促した。

欧州中央銀行(ECB)は先週、3年物の貸出条件付き長期資金供給オペ(TLTRO)を通じて市中銀行に過去最高となる1兆3100億ユーロ(1兆4700億ドル)を供給した。金利は融資を減らさない銀行に1年間マイナス1%が適用される。

マネーサプライM3の伸び率は8.9%で、前月の8.2%から伸びが加速した。ロイターがまとめた予想は8.6%だった。