[東京 29日 ロイター] - ソフトバンクグループ(SBG)<9984.T>は29日、保有する米携帯電話サービス大手TモバイルUS<TMUS.O>株の売却と持分法適用関連会社からの除外に伴い、2021年3月期第1・四半期に利益約6000億円(概算値)を計上する見込みとなったと発表した。

SBGは先週、Tモバイル株式の売却と持分法適用関連会社からの除外を発表。売却額の総額は最大201億1500万ドル(約2兆1000億円)。