[ロンドン 29日 ロイター] - 英石油メジャーのBP<BP.L>は、グローバル石油化学事業を富豪のジム・ラトクリフ氏率いる英化学のイネオスに50億ドルで売却すると発表した。BPはこれにより150億ドルの資産売却目標を予定より1年早く達成する。

BPのルーニー最高経営責任者(CEO)は「予想外の売却」と述べた。売却する石油化学部門の従業員数は1700人、昨年の生産高は970万トン。米国、トリニダード・トバゴ、英国、ベルギー、中国、マレーシア、インドネシアで工場の権益を保有している。

イネオスは当初4億ドルを払い込み、売却完了時に36億ドル、残り10億ドルは来年に段階的に支払うという。

BPはまた、コロナ感染の拡大によるエネルギー需要低下に対応し、移行計画を前倒し実施するとし、今年の支出を25%減らし、1万人を削減する方針を発表した。