[30日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>は30日、反政府的な過激主義運動「ブーガルー」に関連するアカウントを禁止すると発表した。

ブーガルーは組織立った指揮系統のない運動で、最近の人種差別に抗議するデモで暴力行為を扇動している。

名称は1984年のブレークダンス映画「Breakin' 2: Electric Boogaloo」に由来。賛同者は、次に起きる紛争が南北戦争の続きになるとの考えを示唆している。

フェイスブックは今回初めて、ブーガルーに関連する組織を危険団体に指定。同社はこの他に250の白人至上主義グループやテロ支援組織を危険団体に指定している。

バー米司法長官は26日、ブーガルーや極左過激派「アンティファ」など、暴力行為に関与する「反政府過激派」に対応する対策本部の設立を命じている。[nL4N2E402A]

フェイスブックはブログで「当社のプラットフォームでは、この暴力的なネットワークの存在を禁止する。こうしたネットワークを称賛・支持・代表するコンテンツを削除する」と表明。「このネットワークは民間人、法執行当局、政府当局者、政府機関に対する暴力行為を積極的に扇動している」と述べた。

削除の対象となったのはフェイスブックの106のグループ、220のアカウント。さらに、同様のコンテンツを投稿している約400のグループも削除された。

カリフォルニア州では、抗議デモの現場近くで裁判所の警備員が殺害される事件が発生。この事件で訴追された男2人はブーガルーの賛同者だった。

ラスベガスでも、抗議デモ中に暴力行為を扇動しようとしたとして、ブーガルーの賛同者とみられる3人が訴追されている。