[ロンドン 1日 ロイター] - フランクフルトなど欧州の多くの取引所で1日、独電子取引プラットフォームXetra(クセトラ)にシステム障害が発生、取引を3時間近く停止した。

ドイツ取引所の広報担当者によると、影響が出たのはクセトラT7システムを使用しているフランクフルト、ウィーン、リュブリャナ、プラハ、ブダペスト、ザグレブ、マルタ、ソフィアの証券取引所。

0930GMT(日本時間午後6時半)頃に取引は再開したが、障害の原因は明らかにされていない。

ドイツ取引所を巡っては、4月にもフランクフルト証券取引所が4時間以上にわたって取引が停止する障害が発生したばかり。

影響が出ていた多くの主要な欧州債券・株式先物も、取引を再開した。

*内容を追加しました。