[北京 10日 ロイター] - 自動運転技術を手掛ける中国のスタートアップ企業、文遠知行(ウィーライド・エーアイ)は10日、中国国内で初となるドライバーが不要な完全自動運転車の試験を開始したと発表した。

広州市から許可を得て、市内の指定地域の公道で8日から試験走行を行っている。

同社には仏ルノー<RENA.PA>、日産自動車<7201.T>、三菱自動車<7211.T>の3社連合が出資している。

中国では、トヨタ自動車<7203.T>が出資する小馬智行(ポニー・エーアイ)や、百度(バイドゥ)<BIDU.O>、滴滴出行(ディディ・チューシン)なども自動運転車の試験を実施しているが、いずれも不測の事態に備え、1─2人体制での有人走行となっている。

ウィーライドは、必要に応じて自動車を制御するため、リモートセンターを活用するという。

米国ではアルファベット<GOOGL.O>傘下のウェイモが無人で自動運転車の試験を行っているほか、スタートアップのニューロも、カリフォルニア州で無人自動運転車の小規模な試験が認められた。