[東京 10日 ロイター] - 良品計画<7453.T>は10日、米子会社「MUJI USA」が連邦破産法11条(チャプター11)を申請したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で営業停止を迫られ、採算が急速に悪化した。負債総額は6400万ドル(5300万ドルは良品計画に対する債務)。再生手続きによる事業再構築を念頭に現行の事業は継続する予定という。

米子会社は2006年、「無印良品」事業を米国で開始、18店舗を展開している。今後は不採算店の閉鎖や賃料の減額交渉などを進める。

良品計画は、米子会社の連邦破産法申請による業績への影響などを含め開示すべき内容は速やかに開示するとしている。ただ、20年8月期業績に与える重要な影響はないと見込んでいる。

(内田慎一)