[フランクフルト 4日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のチーフエコノミストであるレーン専務理事は4日、ECBは大規模な債券買い入れを主要な手段として活用し、新型コロナウイルスのパンデミックに見舞われているユーロ圏経済を支援する方針だと述べた。

この発言で、ECBが経済予測を発表する9月にも1兆3500億ユーロ規模のパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)を拡大するとの観測が高まる可能性がある。

レーン氏はブログで「経済活動は幾分回復しているが、経済的緩みはなお非常に深刻で見通しはかなり不確実」とし「ECBは必要な金融刺激にコミットしている」と述べた。

米国での新型コロナ感染者急増を受けてドルが売られ、ユーロ<EUR=>は2018年半ば以来の高値に上昇。輸出に依存するユーロ圏には望ましくない状況で、市場ではPEPPの増額観測がでている。

レーン氏はスキーム変更はインフレ見通し次第とし、「PEPPの総枠は、ECBの全般的金融スタンスの主要決定要素だ。物価安定の責務に従い、インフレ見通しは適切な金融スタンスを決定する主因となる」と述べた。

*内容を追加して再送します。