[ベルリン 6日 ロイター] - ドイツ連邦統計庁が6日発表した6月の鉱工業受注指数は前月比27.9%上昇した。伸び率は前月の2倍以上となり市場予想も上回った。

5月の受注指数は10.4%上昇、またロイターがまとめたエコノミストの予想は10.1%の上昇だった。

ただ新型コロナウイルス危機前の2月の水準を11.3%下回っている。

バーデン・ビュルテンベルク州立銀行のエコノミスト、イェンスオリバー・ニクラッシュ氏は「もちろん2度目のロックダウン(都市封鎖)への懸念はあるが、下半期に向けて非常に心強い結果となった」と述べた。

国内受注は35.3%、海外からの受注は22%それぞれ増加した。自動車部門が66.5%増と大幅に伸びたが、依然として2月の水準を12.2%下回っている。