[ベンガルール 13日 ロイター] - インドの製薬会社ザイダス・カディラ<CADI.NS>は13日、COVID−19(新型コロナウイルス感染症)の治療で一定の効果が認められている米ギリアド・サイエンシズ<GILD.O>の抗ウイルス薬「レムデシビル」の最も安価な後発医薬品(ジェネリック)を発表した。

当局への提出資料によると、ザイダスはこのジェネリックを「Remdac」のブランドで政府や民間医療機関に販売する。価格は100ミリグラム瓶当たり2800ルピー(37.44ドル)。

インド国内では、ヘテロ・ラブズ、シプラ<CIPL.NS>、マイラン<MYL.O>、ジュビラント・ライフ・サイエンシズ<JULS.NS>の4社が既に、レムデシビルのジェネリックを製造している。

ギリアドはまた、レムデシビルをインドを含む127カ国で供給するため、ドクター・レディーズ<REDY.NS>およびシンジーン・インターナショナル<SYNN.NS>とライセンス契約を結んだ。