[21日 ロイター] - 米マイクロソフト<MSFT.O>は21日、ゲーム開発会社のゼニマックス・メディアを現金75億ドルで買収すると発表した。ソニー<6758.T>との競争が激化する中、自社のゲーム機「Xbox」のソフトラインナップを強化する。

ゼニマックスはベセスダ・ソフトワークスを傘下に持ち、今回の買収でマイクロソフトは「Fallout」、「Doom」、「The Elder Scrolls」、「Wolfenstein」などの人気タイトルを手にする。

マイクロソフトは、Xboxやオンライン向けに開始予定の月額サブスクリプションサービスにベセスダの新作ゲームを組み込む計画だと明かした。

マイクロソフトとソニーは11月に新型ゲーム機を発売する。今回の買収手続きは2021会計年度の後半に完了する見込みだという。