[ニューヨーク 29日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場でドルは下落。このところ上昇していたドルに利益確定売りが出たほか、この日に行われる第1回米大統領候補テレビ討論会を控えて警戒心が高まった。

ドルはユーロやスイスフランに対して1週間ぶりの安値を付け、豪ドルやニュージーランドドルなどのコモディティー(商品)通貨に対しても下落した。

投資家は、米東部時間午後9時(日本時間30日午前10時)から行われる米大統領候補のテレビ討論会に注目している。

テンパスのシニア為替トレーダー、フアン・ペレス氏は「政治的緊張が続いており、経済政策でも両候補のビジョンが異なることから、投資家は討論会を待ち望んでいる」と指摘。

「国内外に多くのボラティリティーが存在する。世界的なセンチメントは米国より多少良いこともあり、投資家がドルから離れていくのも理にかなっている」と述べた。

午後の取引でドル指数<=USD>は0.3%安の93.879。25日は2カ月ぶりの高値を付けていた。

コンファレンス・ボード(CB)が29日発表した9月の米消費者信頼感指数は101.8と、前月の86.3から上昇し、3月以来の高水準となった。これも安全資産離れを後押しした。

ユーロは対ドル<EUR=EBS>で1週間ぶり高値を付け、その後は0.6%高の1.1737ドルと堅調。対円<EURJPY=EBS>でも2週間ぶりの高値を更新し、終盤は0.8%高の124.04円。

ドルは対スイスフラン<CHF=EBS>で1週間ぶりの安値まで下落し、終盤では0.6%安の0.9194フラン。

ペロシ米下院議長はこの日、新型コロナウイルス経済対策を巡り、ホワイトハウスと週内に合意できることを「期待している」と語った。

英ポンド<GBP=D3>は0.3%高の1.2867ドル。欧州連合(EU)との通商交渉などに期待が高まった。

ドル/円 NY終値 105.64/105.67

始値 105.58

高値 105.70

安値 105.55

ユーロ/ドル NY終値 1.1742/1.1746

始値 1.1697

高値 1.1745

安値 1.1695